無添加化粧品とは

無添加化粧品の口コミランキング

無添加化粧品とは、旧表示指定成分を含む毒性のある添加物を含まない化粧品のことです。

無添加化粧品TOP > 無添加化粧品

無添加化粧品とは?

無添加化粧品とは、一般的に肌に害を与える化学物質を含まない化粧品のことです。

化粧品は一般的に、美しい肌を維持するために必要な美容成分を配合しています。

しかし、これら美容成分とは別に、保存性や使い心地を良くするため、さまざまな添加物が含まれている場合があります。

添加物の中には肌に刺激を与えるものも存在しており、敏感肌アレルギー肌の方が使用すると、かぶれや湿疹、ニキビ、肌荒れなどの原因になることがあります。

旧表示指定分について

無添加化粧品は余計な添加物が入っていない化粧品であると述べましたが、実は無添加化粧品に対する明確な定義は存在していません

しかし、現在では一般的に『無添加化粧品』というと、旧表示指定成分が含まれていないものを指します。

旧表示指定成分とは、厚生省が2001年以前に定めていたアレルギー反応を起こす疑いのある102種類の成分のことです。

旧表示指定成分の中には、代表的な添加物である『ベンジルアルコール』や『パラオキシ安息香酸エステル(パラベン)』などが含まれています。

無添加なら安全?

無添加化粧品の場合、上記のような旧表示指定成分は配合されていないと考えるのが一般的です。

しかし、102種類の旧表示指定成分以外にも、合成色素や合成着色料、防腐剤が数多く存在しているため、『無添加化粧品=添加物が一切ない』ということにはなりません。

実際、化粧品としての保存性を考えると、まったく添加物を加えずに商品化するということはほぼ不可能です。

もちろん、すべての化学物質に毒性があるわけではありませんが、肌質によってはアレルゲンとなる物質が含まれている可能性もあります。

そのため、化粧品を選ぶ際は、ただ無添加というだけで安心せず、必ず成分表示を確認し、肌に悪いものが入っていないかどうかチェックする心構えが大切と言えるでしょう。

ページ先頭へ戻る

Copyright (C) 無添加化粧品の口コミランキング All Rights Reserved.